「お母さん、娘をやめていいですか?」状態?

もうすぐ幼稚園を卒園する娘がいます。親子で仲の良い4人のお母さんに「同じ髪留めをつけよう」と誘われました。一人のお母さんがいくつか提案してくれて後は色を選ぶだけの状態となっていました。髪留めの画像を送ってくれて娘に選ばせていたのですが、なかなか決められずにいました。ミント、ピンク、ブルー、パープルとどれも可愛らしい色で娘が悩んでいる時に「お母さんはパープルが似合うと思うよ」と言ったのです。すると、娘は「ミントがいいかも」と小さい声で言ったのです。けれど、ミントの印象ではないなと感じていた私は「あんまり似合わないよ」と言ってしまったのです。
それを聞いてか分かりませんが、娘はいつまで経っても決められずに悩んでいました。そしてギリギリに「ミントにする」と返事をしてきました。私はそれを聞いた時、NHKで放送されていた「お母さん、娘をやめていいですか?」のドラマを思い出しました。娘に自分の好みを押し付けている母親になっていたのです。それではいけない、娘の気持ちを尊重しないとと気づかされました。ミュゼ 予約 ログイン